酵素免疫生活では酵素の免疫力効果について

分かりやすく紹介しています。

酵素免疫生活では酵素の免疫力効果について紹介しています。

体内に酵素が増えると、免疫力の向上をはじめとして、からだに良いことがたくさん起こります!!

  1. 消化力のアップ
  2. 新陳代謝の促進
  3. 免疫力アップ
  4. 体調を整える
  5. 生活習慣病などの病気予防
  6. メタボリックシンドロームの予防・改善
  7. 腸内環境の改善
  8. アレルギー症状の緩和
  9. ダイエット効果
  10. 若返り・長寿の実現

 

酵素は人間の体内では、食べ物の消化や吸収、解毒、エネルギーの代謝など、あらゆる生命活動の媒介として働いています。

 

もし体内の酵素がきちんと働いていなければ、生命活動を維持したり、新陳代謝を活発にしたりすることは出来ません。

新陳代謝を高めてくれる酵素は、毎日の健康のために必要不可欠です。

しかし、現代人の多くは体内の酵素の量が不足していると言わざるを得ません。

 

その理由の一つには食べ過ぎの傾向による酵素の無駄遣いが挙げられます。

 

食べ物を食べ過ぎてしまうと、「消化」のために大量の酵素が必要になるため、肝心の「代謝」の方に体内酵素が回らなくなってしまいます。

 

そうなると新陳代謝が停滞するようになり、免疫力も低下するため、老化が早まったり、生活習慣病をはじめとした様々な病気にかかりやすくなったりするのです。

 

さらに、大量の食べ物が体内に入り込むことによって「消化不良」が起きやすくなります。酵素の力によっても消化・分解されなかった食物が腸内に停滞すると、大腸内の悪玉菌を増えて腸内環境を悪化させてしまいます。

 

そのことも様々な病気が引き起こされやすくなる原因のひとつなのです。

酵素を増やすことが免疫力アップに。

酵素を増やすことが免疫力アップにつながる。

もう一つ酵素が不足している原因は、加熱食・加工食品の増加です。

 

酵素はこれまでたんぱく質の一部であると単純に理解されてきたため、たんぱく質を摂れば酵素は補充できると考えられていました。

 

しかし、酵素は熱に弱い性質をもっており、48℃を超えてくると壊れ始めるため、いくら加熱食や工場で製造された加工食品を口にしたとしても、酵素を補うことは出来ません。

 

また、加工食品に含まれる食品添加物なども、解毒のために多くの酵素が必要になるため、体内の酵素を浪費してしまう大きな原因になっています。

 

ちなみに、代謝のための酵素は外から摂り入れることは出来ませんが、消化のための酵素は食べ物から補うことが出来ます。

 

例えば大根おろしにはアミラーゼをはじめとした消化酵素が多く含まれていますし、パイナップルには肉を柔らかくするプロテアーゼ(たんぱく質分解酵素)が豊富に含まれています。また、日本の伝統食である納豆にはたんぱく質分解酵素ナットウキナーゼが含まれていることはよく知られています。

 

したがって、新鮮な生野菜や果物、酵母のちからによってできた発酵食品などを毎日の食生活に豊富に採り入れ、消化酵素を増やすことで、体内の酵素が増やしてあげることが、日頃の健康を維持するためには、大切になってくるのです。

 

また、そのような酵素の働きを意識した食習慣が、免疫力アップにもつながってくるのです。

酵素で免疫力アップ