酵素の免疫力効果

酵素の免疫力効果

酵素の免疫力効果のポイント

  • 免疫力が加齢と共に低下していく原因の一つには、体内の酵素が減少していることが考えられるが、酵素が含まれる食材を積極的に摂ることで、消化や代謝、解毒といった酵素の働きを良くし、免疫力の向上につなげることが出来る。
  • 酵素には、ショ糖タンパクや酸化油脂などによって赤血球同士がくっつき、ドロドロになった血液をサラサラにする力があり、血液がサラサラになると免疫細胞が活性化する。
  • スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)などの酵素には、細胞をサビつかせて病気を引き起こす活性酸素を除去してくれる働きがある。

代謝のちからが免疫力アップにつながる

酵素を日常的に摂るようにすることは免疫力の向上につながります。

 

私たちの体内には酵素が存在していますが、その酵素(潜在酵素)が一生のうちに作られる量は決まっています。また、加齢と共に潜在酵素は減少していくため、年齢を重ねれば重ねるほど、からだの解毒能力や代謝は弱まっていき、それによって免疫力が低下してしまうのです。

 

免疫力は20代をピークにして低下していき、40代にはその半分になると言われています。

 

その大きな原因の一つには潜在酵素の減少が考えられます。体内の潜在酵素が減っていくと、解毒や代謝の能力が衰え、細菌を駆除するちからや細胞を新しくする力が弱まり、その結果、病気を発症するリスクが高くなってしまうのです。


しかし減少していく潜在酵素は、新鮮な野菜や果物、発酵食品などに含まれる天然の酵素を摂ることで、補うことが出来ます。消化の役割を持つ食物酵素を食べ物から補うことが出来れば、潜在酵素は代謝に回せるようになるので、新陳代謝が良くなります。

 

新陳代謝が良くなれば、その分、細胞が新生されるようになるので、免疫力は高まり、病気を防ぐことが出来ます。

 

また、野菜や果物には、健康な細胞をサビつかせることで病気を引き起こす「活性酸素」の働きを防いでくれる、「ファイトケミカル」と呼ばれる抗酸化物質も豊富に含まれています。

 

特に果物には酵素やファイトケミカルの他にも、果糖や良質の水、食物繊維といった成分が豊富に含まれています。酵素研究の第一人者である鶴見隆史氏は、「果物こそ、人体の構造や機能から、私たち人間がすんなりと受け入れられる唯一の食物」だと述べています。

 

果物の果糖は太る原因だとされることがありますが、鶴見氏によれば果糖は砂糖(ショ糖)と違って「肥満、虫歯、歯槽膿漏、糖尿病などの原因になることや、免疫機能を傷つけることは」なく、「良質な糖分」なのだそうです。

もちろん、果物や野菜だけではからだに必要なの栄養素の全てを補うのが難しいため、肉や魚、卵など動物性の食品もある程度摂ることは必要ですが、生の野菜や果物が持っている、食物としての本来の重要性に目を向けてみることは大切なことだと思われます。

酵素の免疫力効果

酵素は血液の流れを良くする

生野菜や果物、発酵食品などに含まれている食物酵素は、私たちにどのような免疫力効果をもたらしてくれるのでしょうか?

 

まず、食物酵素には消化を助けてくれるため、栄養素がスムーズに吸収され、食べたものがすぐにエネルギー源になり、その結果、行動力や活動力が高まるというメリットがあります。

 

また、外から食物酵素が補われた分、体内の酵素は代謝に回されるようになるので、その分、新陳代謝が良くなります。新陳代謝の能力が高まれば高まるほど、古い細胞は入れ替わるので、病気の予防につなげることが出来ます。

 

もうひとつ、酵素が増えることのメリットとしては血流の改善があります。

 

酵素は毛細血管の血流である微小循環を良くすることで、血液の流れを改善してくれるのです。

 

なぜなら、酵素にはドロドロになった血液に存在している、「ルロー」と呼ばれる赤血球同士のくっつきをほどく働きがあるからです。

 

食べ物の栄養素を全身に送り届けるのは血液の役目ですし、細菌やウイルスを倒す免疫細胞も血液中に存在しています。そのため、酵素によって血液の流れが良くなれば、免疫力はアップしていきます。

抗酸化物質として働く酵素

また、それだけではなく酵素のなかにはSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)といった、細胞をサビつかせる活性酸素の害を減らす抗酸化作用があるものも存在しています。

 

活性酸素は体内に増えすぎると健康な細胞を攻撃して、老化を促したり、病気の原因を作ったりしてしまいます。しかし体内の酵素は普段から抗酸化物質として、活性酸素が引き起こす細胞のサビつきや老化を防いでくれているのです。

参考文献

多田富雄『免疫の意味論』 青土社

新谷弘実 『病気にならない生き方 ミラクルエンザイムが寿命を決める』 サンマーク出版
新谷弘実 『病気にならない生き方2 実践編』 サンマーク出版

新谷弘実 『健康の結論 「胃腸は語る」ゴールド篇』 弘文堂

鶴見隆史 『「酵素」が免疫力を上げる! 病気にならない体を作る、酵素の力』 永岡書店
鶴見隆史 『酵素の謎――なぜ病気を防ぎ、寿命を延ばすのか』 祥伝社新書

ディッキー・フュラー 竹内進一郎訳 『病気を癒し、老化を防ぐ酵素の治癒力』 現代書林

西原克成 『免疫力を高める生活 健康の鍵はミトコンドリアが握っている』 サンマーク出版
太田成男 『体が若くなる技術 ミトコンドリアを増やして健康になる』 サンマーク出版

内藤眞禮生 『水素の力 酵素の力 人類を助ける究極の栄養素』 アスペクト

酵素の免疫力効果