酵素と女性ホルモン

酵素と女性ホルモンには深い関係があります。

 

酵素不足は様々な病気を発症させる原因になりますが、女性にとっては女性ホルモンである「エストロゲンが加齢とともに減少してしまうことも、大きな悩みの一つだと思われます。

 

エストロゲンは30代半ばから減っていき、閉経直前の45歳頃には急激に減少してしまうとされています。

 

そのエストロゲンは分泌されすぎると、乳がんのリスクが高まりますが、減少すると、更年期障害をもたらしたり、エストロゲンの材料であるコレステロールを貯め込もうとして肥満になったりすると言われています。

 

また、月経前症候群(PMS)や生理痛、骨粗しょう症、高コレステロール血症、動脈硬化などの症状が起きる可能性も生じてきます。

 

このようにエストロゲンの減少は様々な症状を引き起こす原因になってしまいますが、そのエストロゲンの生成には、酵素、補酵素としてのビタミン、ミネラルが必要になってくるのです。

 

もし酵素が不足してしまうとエストロゲンが生成されないため、代謝が低下したり、皮下脂肪が蓄積したりします。そしてその酵素不足によって結果的に、更年期障害や骨粗しょう症をはじめとしたエストロゲン不足による様々な症状が引き起こされやすくなってしまうのです。

 

そのため、重要な女性ホルモンである「エストロゲン」の不足を補うためには、日頃から酵素を摂るようにすることが大切になってきます。

 

このことに関して、酵素栄養学の第一人者である鶴見隆史氏は「女性には生まれつき「糖質分解酵素」や「脂肪分解酵素」が不足している人が多いので、それらを特に含む、海藻やセロリ、アボガドなどがおすすめです」と述べています(『「酵素」が免疫力を上げる!』)。

 

また、大豆に含まれている「イソフラボン」は女性ホルモンである「エストロゲン」の急激な低下を抑えると言われています。

 

そのほか、温州みかんに含まれる「β-クリプトキサンチン」には、閉経後にホルモンバランスが変化した女性が骨粗しょう症になってしまうのを予防する効果があるとされています。

 

したがって、普段からエストロゲンが不足しないようにするためには、酵素を意識した食生活を送ることが必要になってくるのです。

 

具体的には、毎日の食生活において、新鮮な生野菜や果物、発酵食品などから食物酵素を摂るようにし、消化のための酵素を補っていくことで、体内の酵素を増やしていくことが大切になってきます。

 

また日頃から新谷酵素酵素黒酢革命 などの酵素サプリメントを摂るようにすることも、体内の酵素を増やすのに役立ちます。

 

消化のための酵素が食品やサプリメントから補われれば、その分、体内酵素は代謝のために使われるようになります。そのようにして体内の酵素を増やすことが、女性ホルモンの「エストロゲン」の不足を補うことにつながっていくのです。

酵素と女性ホルモン