本当のダイエットとは?

ここでは「本当のダイエット」について考えてみたいと思います。「本当のダイエット」とはデトックス(毒出し)を達成し、からだの調子が良いまま、気持ちよく自然に痩せられることだと考えられます。

 

市場ではよく、消費者の購買意欲を煽るために特定の食品に含まれている一部の成分がダイエットに効果があると高らかに宣伝されていますが、体内は分かりやすく成立していない「複雑系」であるため、ただ飲むだけで痩せられる単純な「痩せる薬」のようなものはこの世には存在しないということを、改めて認識しておく必要があるように感じます。

 

また「カロリー制限」や「糖質制限」など、マスコミや医療関係者によって、ダイエットのためには必要不可欠だとされている事柄についても、ただそれを鵜呑みにするのではなく、なぜそのことが痩せることに結びつくのか、自分の頭でよく考えて吟味する必要があります。

 

もしそのような、自分のからだから発信されているのではない外部の情報を信じ込み過ぎて、極端なダイエットの方法を実践し続ければ、痩せる前に体を壊してしまう可能性が出てきます。また、体重を減らすことに成功したとしても、それは健康的な痩せ方ではないかもしれません。

 

例えば、摂取カロリーを減らすために極端な食事制限をしたとしても、その少ない量の食事にほとんどからだを作るための栄養素が含まれていなければ、たいして痩せることは出来ません。

 

その理由としてはまず、カロリー制限をして飢餓状態に陥ってしまうと、体はエネルギーを蓄えようとして炭水化物を脂肪に変えてしまうことが挙げられます。その結果、皮下脂肪が増え、代わりに基礎代謝が減ってしまい、痩せるどころか太った体つきになってしまうのです。

 

それに加え、栄養不足によって免疫力は下がり、風邪をはじめとした病気にかかりやすくなってしまうという問題も生じてきます。

 

さらに栄養不足が深刻になると、やる気がなくなって無気力な状態に陥りやすくなるといったように、精神面にも悪い影響を与えるようになります。

本当のダイエットとは?

本当のダイエットとは調子を維持したまま気持ちよく痩せられること

また、近年しきりに言われるようになった「糖質制限」についても同様です。

 

「酵素と糖質制限でダイエット」はこちらです。

 

砂糖などの余分な糖質を減らすことがダイエットにつながるのは確かですが、糖質(炭水化物)といっても、「単糖類」「二糖類」「多糖類」など形態は様々であり、それぞれの知識がないままに極端な糖質制限を行なえば、からだにとって必要なはずの三大栄養素のひとつが補われず、体調不良へとつながる可能性も出てきます。

 

例えば、単糖類であるグルコース(ブドウ糖)やフルクトース(果糖)は体や脳のエネルギー代謝に必要不可欠ですし、多糖類のうちのデンプンやセルロースは消化されにくいという性質から腸内細菌のエサになり、腸内環境を良くする働きがあることが知られています。

 

そのため、糖質制限も闇雲に行えばダイエットにつながるというわけではなく、無理な糖質制限は痩せるという目的を果たす前に、体調を悪化させる大きな原因になってしまうことを覚えておいていただきたいと思います。

 

酵素は本当のダイエットの実現に必要不可欠

 

大切なのは、新陳代謝が高まり、体内に溜まった余剰物や毒素が排泄され、「からだの調子が良い」ことがまず先にあり、その結果としてダイエット効果が付随してくるということなのです。

 

つまり、デトックス(毒出し)を達成することによって自然に痩せられることが「本当のダイエット」なのだと考えられます。そして酵素はそのようなダイエットを実現するために必要不可欠な存在です。

 

また酵素だけではなく、食物繊維や乳酸菌などを摂ることで腸内細菌のバランスを整え、腸内環境を改善していくことも、気持ちのよい本当のダイエットの実現に効果的です。

 

さらに細胞内のミトコンドリアを増やしたり元気にしたりすると、新陳代謝が良くなるため、気持ちの良い本当のダイエットにつながっていきます。

 

それに加え、体内の酵素を増やすために「酵素黒酢革命 」や「二年熟成 みやびの植物酵素100」などの酵素サプリメントを、毎日の生活に採り入れるてみることも、本当のダイエットの実現に役立ちます。

本当のダイエットとは?