酵素とコエンザイムQ10

コエンザイムQ10はミトコンドリアが「ATP(アデノシン3リン酸)をつくり出す力を活性化するという補酵素の役割を担っています。

 

コエンザイムQ10のサプリメントは、近年、新陳代謝を良くし、美容やダイエットに効果があるとして注目されていますが、そのコエンザイムQ10は、細胞の中でATP(アデノシン3リン酸)と呼ばれるエネルギー通貨を作り出しているミトコンドリアに存在しています。

 

そのコエンザイムQ10はあらゆる細胞や血液中に存在することから、別名「ユビキノン」と呼ばれていますが、その「ユビキノン」とはラテン語で「いたる所に存在する」という意味を持つ「ubiquitous(ユビキタス)」という言葉に由来すると言われています。

 

それに加え、コエンザイムQ10はビタミン様物質であるため、「ビタミンQ」と呼ばれることもあります。

 

コエンザイムQ10は、多くのエネルギーを必要とする心臓の筋肉や、骨格筋、肝臓や腎臓に多く存在するといわれており、もともと人体にはコエンザイムQ10を合成し、作り出す仕組みがあります。

 

しかし年齢とともにその生産量が少なくなってしまい、20歳をピークにその後少しずつ減り続け、40歳前後を境に急激に減少してしまい、その後は不足しがちになってしまうとされています。

 

ところが、コエンザイムQ10が体内に十分に存在していると、基礎代謝が高まり、効率良くエネルギーがつくられるようになるため、疲れにくく若々しい体を維持することが可能になると言われています。

 

特にミトコンドリアは心臓の細胞に多く存在するため、コエンザイムQ10が増えることは心臓病の予防に効果的だと言われています。

 

その理由はコエンザイムQ10を摂取すると、心臓の収縮力が高まり、送り出す血液量が増加するためです。

そのため、心臓のポンプ機能が高まることで、不整脈や狭心症などの心臓病の予防が期待できるようになるとされています。

 

そのほか、コエンザイムQ10には強い抗酸化作用があるため、体全体を活性酸素による細胞のサビつきから守ってくれます。その抗酸化作用は、肌の老化を防いだり、生活習慣病を予防したりするのに役立ってくれます。

さらにコエンザイムQ10には、「酸化型(ユビキノン)」「還元型(ユビキノール)」とよばれる二種類の化学構造があると言われていますが、体内に存在するコエンザイムQ10のほとんどは還元型の構造で存在しているとされています。

 

もし酸化型の姿で摂取した場合は、一旦体内で酸化型から還元型の姿に変換する作業が必要になってくるため、【コエンザイムQ10】 をサプリメントで摂る場合は、直接還元型で摂取した方が、強い抗酸化作用が発揮されると言われています。

コエンザイムQ10は還元型