浸みわたる水素水

ここでは酵素と共にからだに取り入れるための水素水として、「浸みわたる水素水」を紹介しています。

 

水素水とは、水素分子(H2)が溶け込んだ水のことです。

 

また水素分子(H2)は植物に含まれているポリフェノールをはじめとした抗酸化物質とは違い、細胞内の必要な場所に素早く到達して、最も過激な悪玉活性酸素である「ヒドロキシルラジカル」を選択的に除去するという点に大きな特長があると言えます。

 

ちなみに悪玉活性酸素は過度のストレスを感じたり、激しい運動を行ったりした際や、強い紫外線を浴びた時などにも発生するとされています。

 

その悪玉活性酸素は、正常な細胞まで酸化させ、錆びつかせることにより、その細胞の正常な働きを失わせ、老化を促したり、遺伝子を傷つけたりしてしまいます。

 

そのため、この悪玉活性酸素の働きはガンや動脈硬化、糖尿病、認知症、アトピー性皮膚炎など万病の元だとも言われています。

 

したがって、いかに悪玉活性酸素を除去して体内から減らしていくかが、日頃の健康を維持するための鍵になると言えるのです。

 

水素水を選ぶ際の注意点

 

水素水に含まれている水素分子は、細胞膜や細胞の内部、ミトコンドリア内、核内、血液やリンパ液など、からだの至るところに入り込み、悪玉の活性酸素を除去してくれます。

 

しかし注意すべきなのは、巷で販売されている水素水商品のどれもが体に良い影響を与えるというわけではないということです。

 

水素水を選ぶ際には、まず、溶存水素量に気をつけていただきたいと思います。

 

市場に数多く存在している水素水関連商品を選ぶ際には、溶存水素量が最低でも0.8ppm以上のものを選んだほうが効果が出やすいとされています。

 

また、水素分子(H2)はすぐに水から抜けてしまう性質があるため、水素水が入れられている容器にも注意を払う必要があります。

 

特にペットボトルやガラスなどは抜けやすく、工場から出荷される経緯で水素分子(H2)のほとんどが失われてしまっているという場合は少なくありません。

 

さらにパウチ型などの水素水商品でも、蓋を開けた瞬間に、水素が抜け出てしまうというケースも考えられますので、一度封を開けてしまったら、すぐに飲み干すことをオススメします。

浸みわたる水素水で初めての水素水生活

当サイトで信頼出来る水素水商品としておすすめしたいのは、【浸みわたる水素水】 です。

 

この「浸みわたる水素水」は、ミトコンドリア・水素水研究の第一人者として知られる太田成男教授に出会ったことをきっかけに、水素水の優れた健康効果を世に広めようとしている会社であるアビストH&Fによって製造されています。

浸みわたる水素水は酵素と一緒に摂るのにオススメ
浸みわたる水素水は酵素と一緒に摂るのにオススメ

その「浸みわたる水素水」の特徴としては、日本名水百選にも選ばれた熊本県菊池の天然ミネラルウォーター(地下水)を使用していることが挙げられます。

 

「浸みわたる水素水」は、水素が抜けにくい4層アルミパウチを採用しているため、簡単には水素が抜けないようになっています。

また、「浸みわたる水素水」の充填時の溶存水素量は、業界最高レベルの2.2~2.8ppmだとされているのです。

 

さらに、アビストH&Fでは高濃度の水素水を消費者のもとに届けるために、非常に小さな気泡をつくる『マイクロ・ナノバブル』製法を導入しています。

浸みわたる水素水には水素がきちんと含まれています。
浸みわたる水素水には水素がきちんと含まれています。

このように「浸みわたる水素水」は、高品質なミネラルウォーターに水素がきちんと閉じ込められて抜けないようになっているため、数ある水素水商品のなかでも「浸みわたる水素水」は信頼度が高いと言えます。

 

そのため、酵素と共に一度水素水を試してみることで、からだの調子を整えていきたいと考えている方に自信をもっておすすめできる商品です。

浸みわたる水素水お試しパックはたったの1980円です。
浸みわたる水素水お試しパックはたったの1980円です。